血管新生阻害作用につて ■   

血管新生阻害によるガンの兵糧攻めについて。
近年ガンの休眠療法という方法が注目されています。 ガンが悪性腫瘍といわれる理由は、無限に増殖して転移するからです。もし転移せずに大きくもならなければ、がんは休眠していわゆる良性腫瘍(ポリープ)と同じであると考えられます。ガンんを休眠させる方法としていくつかの方法が言われていますが、ガンに栄養を与える血管(新生血管)を阻害して、栄養を遮断する方法が有力な方法と考えられています。

 つまりがんの栄養源を断ち兵糧攻めにする方法です。

現在、血管新生阻害作用を持つものとして鮫軟骨が有名ですが、成人の1日の服用量が50g〜100gと非常に多く、また特有のにおいのため胃腸障害がおきやすく、十分な効果が得られないことがよくみられました。最近ニュージーランド国立オタゴ大学により開発されたサメ抽出脂質は血管新生を強力にブロックし成長を抑えることが様々な実験で証明され、2001年12月に世界120ヶ国に対して特許申請が行われました

サメ抽出脂質は、サメ軟骨顆粒に比べた場合、血管新生抑制作用において試験管内で約100倍、生体内で約30倍の作用があることが証明されております。このことは実際に服用するに当って30分の1の量で良いということを意味していま。

サメ抽出脂質は口からの服用で体内に吸収がよく、また脳血液関門も通過するため全身の腫瘍に効果が期待できると考えられております。
また
サメ抽出脂質血管新生阻害作用のほかに強力な鎮痛作用があり、末期ガンの痛みやリウマチなどの関節痛にも一定の効果が期待できます。
また漢方薬のウコン(秋ウコン)にも血管新生抑制効果があることがわかっております
サメ抽出脂質と併用することにより相乗効果が期待できます。
血管新生を抑えることは固形ガンに対して有効です。固形ガンが2〜3mm以上になると、血管を新生して栄養を引き込もうとします。よって血管新生を抑えることはガンを兵糧攻めにする大切な手段になります。
だだし血液ガンにはあまり効果がありません。 悪性腫瘍の増殖について近年時間薬理学の研究から、夜中の0時から2時頃増殖が激しい事が明らかになり、医療機関における抗悪性腫瘍剤の治療も夜中に実施される医療機関が多くなってきています。ゆえに血管新生を抑える
サメ抽出脂質等も1日の摂取量の三分の一程度を夜10時以降に摂取すると良いと考えられます。