●知って得する情報●

健康診断の検査値の見方

日ごろお客様から、健康診断の検査値の見方をよく聞かれます。
多くの健康な人について検査した場合、そのうち95%の人が示すある一定範囲内の値を正常値(基準値)といいます。
でも、正常範囲を逸脱していても健康な場合がありますし、逆に、正常範囲内の値であっても、その人の健康なときの値と比較すると、病的と判定される場合もあります。
検査には測定誤差や測定ミスもあります。健康診断を受けてもし検査値が異常となっても、即一覧表に示した病気であるということにはなりません。
異常値が出た場合には、自己診断をしないでお医者さんに相談することが大切です。

a,尿の検査
比重 ウロビリノゲン ビリルビン
タンパク 潜血
沈さ

b,便の検査
潜血 寄生虫卵
c,血液生化学検査
総タンパク アルブミン A/G比
TTT ZTT クレアチニン
BUN 尿酸 総ビリルビン
総コレステロール HDLコレステロール 中性脂肪
血糖 フルクトサミン HbA1c
GOT GPT ALP
γ-GTP ChE LDH
アミラーゼ リパーゼ CPK
カリウム ナトリウム クロール
カルシウム マグネシウム 無機リン
d,内分泌学的検査
インスリン 甲状腺刺激ホルモン サイロキシン
トリヨードサイロニン

e,血液学的検査
赤血球数 白血球数 血小板数
ヘモグロビン濃度 ヘマトクリット 末梢血液像
プロトロンビン時間 活性部分トロンボプラスチン時間 赤沈
f,免疫・血清学的検査
CRP ASO リウマトイド因子
g,ウイルス検査
HBs抗原 HBe抗原 HCV抗体
HIV抗体 ATL抗体
h,呼吸機能検査
肺活量 %肺活量 努力性肺活量
1秒率

i,循環機能検査
血 圧

腫瘍マーカー